主婦にも役立つキャッシングの基礎知識~カードローンの返済方法~


イメージ画像

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは一般的に小口融資のことを指し、キャッシング機能が付帯しているクレジットカードで、ATMやCDからお金の借入をすることを意味します。私たちに馴染みのあるクレジットカードはもともと、旅行などで大金を持ち歩かなくても済むトラベラーズチェックが進化したもので、翌月一括払いが基本ですが、残高スライドリボルビング払いの方法もあります。
一方、カードローンは長期間で借りる大口融資になります。少なくても数十万円、多い方は一千万円といった金額の借入が一般的です。そのため、返済方法はリボルビング払いという分割が一般的となっています。

カードローンイメージ画像

キャッシングとカードローンの違いをみていきましょう。
2つを比べた際に審査が厳しいのはカードローンです。カードローンは基本的に銀行が運営しているものでは金利が低く、貸し倒れリスクが加味されているため、それに該当する人がどうか、返済能力があるのか判断するため審査が厳しくなっています。
一方、金利が高い消費者金融のカードローンは審査が甘い傾向にあります。
また、限度額が高いカードローンほど低金利であり、限度額の低いカードローンは金利が高めに設定されていることも多いです。
高額借入をするのならカードローンを利用することをおすすめします。
違いを表にまとめたので確認してみましょう。

方法 借入額 金利 借入方法 返済方法
カードローン 1万円~数十万円の少額 高い ATM
店頭
インターネット
リボ払い
残高スライド方式
キャッシング 数十万~一千万円 低い ATM
インターネット
一括
リボ払い

※借入額の金額は金融機関によって異なります。
※キャッシングの返済方法は一括が一般的です。

カードローンの一般的な返済方法

カードローンの返済方法は銀行・消費者金融など金融機関によって異なります。基本的には、カードローンの専用口座と普通預金口座が分けられており、毎月普通預金からお金の引き落としがされるという形です。
基本的には定額のリボ払いですが、毎月の返済額が、カードローンの借入残高によってスライドしていく方式もあります。

どの方法であれ、毎月の返済とあわせて繰り上げ返済をしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
余裕があるときになるべく返済を繰り上げておくことも、返済を上手く行うコツです。
こうした繰り上げ返済ができると、残金も減るため金利も少なくなり、返済の負担軽減にも繋がります。

インターネット返済イメージ画像

口座振替以外の方法としてはインターネットやATMで返済ができます。
インターネットの場合は、店舗やATMに足を運ぶことなく、自宅に居ながら返済が行えます。インターネットは専用銀行のみに限らず、インターネットでも可能な銀行も増えたため、大変便利になっています。その方法はインターネットにて各銀行のサイトにアクセスして、返済の手続きをWEB上で行うだけで返済処理ができます。

そのほか、ATMでの返済は、各金融機関やコンビニに設置されているATMにて返済する方法です。
金融機関によっては24時間返済に対応しているところも多いので、大変便利です。また、多くの場合は手数料が105~210円ほどかかってしまいますが、金融会社によっては、手数料なしで返済ができるところもあります。

イメージ画像

返済とあわせて手数料がかからないように、なるべく手数料のかからないATMを選ぶことも大事です。
手数料も積み重なれば大きな負担となりますので、通常の返済や繰り上げ返済をしようとお考えの方は、これらの点も考慮して、各金融機関のカードローンを選びをするところから気をつけると良いでしょう。