キャッシングを正しく利用するための基礎知識


キャッシングのイメージは良い?悪い?

キャッシングと聞くと、気付いたら借金が増えていそう、取り立てが激しそうといったマイナスのイメージをもつ方もいるでしょう。実際のところそういったことはありません。正しく計画的に利用すれば、いざというときに頼りになる存在なのです。 正しく利用するためには、正しい知識を身につける必要があります。ということで今回はキャッシングの基礎知識を学んでいきましょう。

キャッシングとは?

そもそもキャッシングとはいったいどのようなものを指すのか、というとこから学んでいきましょう。 キャッシングとは、キャッシングカードやクレジットカードを利用して、ATMや消費者金融の窓口からお金を借入するサービスのことを指します。 また、キャッシングを利用するには事前に審査を受け、これに通らなければ利用することができません。 では、審査を受けるための申込み方法を確認していきましょう。

申込み方法

キャッシングの申込み方法というのは、一昔前なら店頭に直接足を運んだり、無人契約機を利用したりといったものでしたが、現在はインターネットでの申込みが主流になっている傾向にあります。 その手順として、金融会社のサイトにアクセスし、入力項目に必要事項を入力。 本人確認証(運転免許証や健康保険証)の写真をメールやFAXにて送信して申込みが完了、といった簡単な流れになります。 金融業者によっては多少変わってくることもありますので、申し込む際はしっかりと確認しておきましょう。

キャッシングのメリット

キャッシング最大のメリットといえば、自分の利用限度額以内ならいつでも引き出せて自由に使用できる点ではないでしょうか。 これにより、思いがけない急な出費にも対応できますので、非常に助かります。 また、通常であれば消費者金融の金利は高めに設定されているのですが、大手の消費者金融は”無利息期間”というものを設けていることがあります。 こちらは、無利息期間内なら利息が発生しないというサービスになります。 こういったサービスを利用できるのもキャッシングのメリットといえるでしょう。 ただし、この無利息期間の日数や適用金額、利用するための条件は業者によって変わってきますのでご注意ください。

キャッシングのデメリット

では反対に、デメリットの面に触れてみましょう。 先ほどメリットは自由に引き出せるという点を挙げましたが、これは自由に使える分借り過ぎてしまうというデメリットにもつながります。 簡単に借りられる分、ついつい借り過ぎてしまい借金が増えてしまうなんてことも考えられます。 ではメリット・デメリットを踏まえてキャッシングできる会社をみていきましょう。

キャッシングが利用できる会社

キャッシングが利用できる会社をいくつかリストアップしましたのでご覧ください

会社名 実質年率 利用限度額 即日融資
アコム 4.7~18% 1~500万円
プロミス 4.5~14.6% 1~500万円
モビット 3~18% 1~800万円
アイフル 4.5~18% 1~500万円
三菱東京UFJ 4.6~14.6% 10~500万円
みずほ銀行 3~7% 最大1,000万円
楽天銀行 4.9~14.5% 最大500万円 ×
三井住友銀行 4~14.5% 10~800万円
新生銀行レイク 4.5~18% 1~500万円

※上記表の即日融資は、申込み時間によっては対応できない場合もありますので、事前にご確認ください。

キャッシングは基本的に、注意していれば安全に利用できるものです。いざ利用するときに、知らなかったということにならないよう、ここで確かな知識を身につけ備えておきましょう。 ここからは、ここで書ききれなかったキャッシングの知識についてまとめていますので、ぜひご活用ください。

基礎知識の記事一覧