専業主婦でも申込みできるカードローンって?条件や上限はある?


総量規制の導入で専業主婦は借入できない!?

総量規制の導入で、以前より収入のない方が借入を行うのが難しくなったと言われています。収入がない専業主婦の場合、お金を借りることは難しそうに思えますが、収入がない主婦でも即日融資が可能なキャッシングや、WEBサイトで申込みができるカードローンがあります。
総量規制によって具体的にはどう変わったのかということや、専業主婦でも借入できるカードローンの限度額や条件について以下で詳しく説明していきます。

WEBサイトで申込みができます

総量規制とは?カードローンに与えた影響とは

2010年の貸金業法改正により、個人の借入総額は年収の3分の1以下へと制限されました。この貸付の規制を「総量規制」と言います。個人に過度の貸付を行わせないことで、多重債務者や自己破産を最小限に抑える目的で導入されました。
例えば、年収が300万円の方はその3分の1の100万円までしか借りることができません。

しかし、全ての金融機関が総量規制の対象となるわけではありません。
消費者金融や信販会社、クレジット会社などは、カードローンやキャッシング・リボ払いなどが対象となるため、借入総額が制限されています。結果、収入がない主婦や無職の人が借入をするのは不可能になってしまいました。
それでは、対象外となるのはどういったところでしょうか。

銀行は総量規制対象外!

銀行は総量規制対象外

総量規制からは「除外」とみなされる貸付は、自動車ローンや住宅ローン、高額療養費の借入などが挙げられます。
また、貸金業法が対象とするのは消費者金融のような貸金業者のみのため、銀行は対象外です。
主婦が即日でお金を借入するためには、収入制限のない銀行のカードローンを利用する方法があります。

例えばみずほ銀行のカードローンは、収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、借入の申込みが可能です。もちろん、主婦自身がパートやアルバイトで一定の収入を得ている場合でも可能です。配偶者貸付のように配偶者の同意書を提出する必要がないため、夫に相談することなく借入ができることも大きな魅力でしょう。

みずほ銀行のカードローン

基本的に借入できる限度額は30万円です。必要書類は、本人と確認できるもの(運転免許証や保険証など)のみで構いません。金利も消費者金融に比べると低いので主婦にとってはうれしいですね。
また、事前にWEBサイトで申込みを済ませておけば審査もスムーズに進み、その日中に借入できるのも嬉しいところ。窓口で申込みしてもいいですが、手続きに時間がかかる場合もあるため急ぎの時はWEB申込みが確実です。

パートやアルバイトで一定の収入がある主婦は、プロミスのレディースキャッシングもおすすめです。 融資額は最大で500万円。
フリーコールで女性のオペレーターが対応してくれることや、消費者金融とはいえ大手銀行の傘下にあるため安心感があります。
WEBサイトで手続きを済ませれば来店不要、最短1時間で融資が可能です。
また、初めて利用する場合は、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録、この2つの条件を満たせば30日間の無利息サービスが適用されます。初回利用日から30日間は、無利息での借入が可能となるので、この期間中に返済できる方は積極的に利用するとよいでしょう。

カードローンの記事一覧