楽天銀行の申し込み方法はWEBで簡単!特典のポイント付与も魅力的!

楽天銀行「スーパーローン」の申し込み手順

楽天銀行はWEB申し込みのみ

楽天銀行のスーパーローンの申込方法はWEB申し込みのみとなっており、郵送や電話、窓口といった方法での申し込みは受け付けていません。申し込みから借り入れ返済までを全てWEBで完結させることができるのが楽天銀行スーパーローンの特徴です。
その申し込み手順は、最初にWEBページにて必要事項を入力します。申し込みをすると、審査結果は即日通知されます。消費者金融ほど審査結果が通知されるまでの時間が早いわけではありませんが、午前中の申し込みであれば、その日のうちに審査結果を知ることができます。審査が通った場合には電話、通らなかった場合にはメールで通知されます。
必要事項を入力する際には正しい情報を記入しましょう。万が一事実とは異なる情報を記入した際には、後々信用されなくなり、ほかからの借り入れも不可となることもあります。
申し込みがWEBで簡単にできてしまうゆえに、やってしまいがちなことですが、必ず正しい情報を入力するよう、心がけましょう。

申し込みに必要な書類は?

楽天銀行のスーパーローンの申し込みに必要な書類は下記が挙げられます。

・本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか)
・収入証明書類(ただし、限度額200万円までは不要)
 ∟お勤めされている方は源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれか
 ∟自営業の方は課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

これらの書類は、スマートフォンなどで撮影し、専用アプリでアップロードします。そのため郵送するなどの面倒な手続きをする必要はありません。

在籍確認の有無や周りに知られる心配は?

在籍確認は必須と謳(うた)われていますが、30万円以下の借り入れであれば在籍確認がなしになる可能性もあります。
在籍確認があったとしても「山田ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」といった会社名を出さない訊(き)き方をするので、会社にカードローンのことが知られる心配はありません。
基本的には、無収入の専業主婦も50万円まで借り入れできますので、審査は比較的甘いと言えます。手間も掛からず、提出書類も少ないことから、主婦でも夫に内緒で借りられるカードローンということでも人気があります。

申し込みによって得られる特典

入会時に1,000ポイントがもらえるうえ、楽天銀行のスーパーローンを利用すると、楽天で使えるポイントが貯まります。
主婦の方でよく楽天市場で買い物される方にはうれしい特典なのではないでしょうか。

入会月の翌月末の借入残高 付与されるポイント
20~30万円未満 500ポイント
30~50万円未満 1,000ポイント
50~80万円未満 2,000ポイント
80~100万円未満 3,000ポイント
100~200万円未満 1,0000ポイント
200~300万円未満 12,000ポイント
300~400万円未満 15,000ポイント
400~500万円未満 30,000ポイント

例えば100万円を借り入れしたとしたら、入会金と合わせて11,000ポイントが貰えます。このポイントは楽天市場を始め、楽天のサービスにて1ポイント1円で使用できるものです。ただし、入会してから翌月末までに借り入れをおこなわなければポイントはもらえないのでご注意ください。
夫や家族または勤め先に知られたくない方には大変便利なカードローンです。上手に活用して、無理のない借り入れを行いましょう。あわせて金利や利息のシミュレーションも確認してみてくださいね。

楽天銀行のシミュレーションのリンク

楽天銀行のスーパーローンなら夫や家族に内緒で借り入れできる?

楽天銀行なら専業主婦も借り入れ可能

楽天銀行のスーパーローンイメージ画像

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」は専業主婦の借りられる金額が大きく設定されています。
ほかの銀行系カードローンで借り入れする場合、30万円ほどが限度です。しかし、楽天スーパーローンなら、専業主婦の方でも最大50万円の借り入れができることもあります。
また、夫や家族に内緒で借りられるカードローンとしても有名です。
特徴としては、ほかの銀行系カードローンよりも提出書類が少ないことが挙げられます。通常は、配偶者の同意書と婚姻関係の証明書が必要になりますが、楽天銀行スーパーローンならば、これらの書類不要で借り入れができます。夫の同意書無しで借りられるカードローンはいくつかありますが、多くの場合、婚姻関係の証明書が必要となります。楽天銀行スーパーローンはそれらの書類が不要なので、絶対に夫に内緒で借りたいという方にはおすすめです。

収入証明書の提出が不要

借り入れ金額が大きくなると、収入があることが条件になってきます。ほかの銀行系のカードローンでは100万円までの借り入れで収入証明書を提出する必要があるところが多いのですが、楽天銀行のスーパーローンは200万円まで必要ありません。収入証明書の提出は手間のかかるものですから、ありがたいです。
しかし、自営業の方は200万円未満の借り入れでも所得証明書が必要です。そのほかにも、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書の提出が求められます。

郵便物は届く?

夫や家族に内緒で借金をしているときに忘れがちなことは、利用明細などの郵便物が自宅に届くことです。内緒で借り入れの手続きをしていたのに、利用明細が届いてしまってはせっかくの手続きが無駄になってしまいます。
しかし、そんな時にうれしいのが楽天銀行です。スーパーローンの利用明細は、WEB明細のため利用明細が自宅に郵送されることはありません。口座情報の変更時やカードの受け取り時のみで、そのほかダイレクトメールが送られてくる心配もありません。

口座の有無に関わらず即日融資が可能!

銀行系カードローンの多くは、口座を持っていない方の融資までに時間がかかってしまうことも多いですが、楽天銀行のスーパーローンは楽天銀行の口座の有無に関わらず、当日審査と即日融資が可能です。
消費者金融によく見受けられる特徴の最短30分といったスピードには劣ってしまいますが、即日で借りられることが多いです。
しかしながら、申し込みの時間帯によっては、即日融資ができない場合もあります。審査の時間もかかってしまうので、少なくとも午前中には申し込み手続きを済ませ、14時30分には振り込みの手続きまでを完了するようにしましょう。
少額融資ならば、審査にもさほど時間がかからずに済みます。振り込み先の口座によっても即日融資の可否は異なります。最も良いとされているのは振り込み先を楽天銀行の口座にしておくことです。

実際に内緒でお金を借りた方の体験談

ぜいたくな生活をしていたわけではないのですが、親の入院や親戚の葬儀などで立て続けに出費があったため、生活が苦しくなってしまいました。しかし、毎日遅くまで仕事を頑張っている夫に対して、お金がないとは言えずにいました。
そこでカードローンで借り入れすることにしたのですが、楽天銀行が主婦にも積極的に融資していると聞いたので、楽天銀行で借り入れすることにしました。家族に内緒で借り入れできることや、楽天カードに入会するだけでポイントがもらえるという制度も、普段から楽天で買い物している私にとってうれしいものでした。
最初の借り入れは20万円でしたが、簡単に借りられました。これまで、お金のない状況を乗り切るために胃の痛い思いをしていたので、借りられたときにはホッとしたことを覚えています。楽天なら、申し込みから返済まで全てWEBで完結できるので夫に内緒で返済を完了させることもできました。

みずほ銀行の口座の有無で審査にどんな違いがあるの?

口座の有無によって変わる審査の違い

みずほ銀行のカードローンは、みずほ銀行の口座を持っていなくとも利用することができますが、申込方法や審査の時間に違いが出てきます。それでは、その違いを見ていきましょう。

みずほ銀行のカードローンイメージ画像

申し込み方法 みずほ銀行の口座有無 申し込みから融資まで
Web完結申し込み あり 最短即日
インターネット、電話 あり 2~3週間
なし(インターネット等で口座開設の必要有) 2~3週間
(インターネットで口座を開設した場合は1カ月以上)
郵送 あり 1~2週間
窓口 あり 最短即日
なし(窓口で口座開設の必要有)

みずほ銀行の口座がない方は、Web完結申し込みと郵送申し込みができないため、これらの方法で行いたい場合には口座を開設する必要があります。また、申し込みから融資までの時間にも違いがあり、みずほ銀行の口座を持っていると、融資までにかかる時間が短く済みます。
一方、口座があるとWeb完結申し込みなら、最短即日で融資を受けることができます。
即日融資を受ける方法は、ほかにも窓口申し込みがありますが、Web完結ならば自宅にいながら申し込みから融資までを完結させることができるので非常に便利です。

即日融資の場合には、いずれの申し込み方法においても時間が限られています。遅くとも12時までに申し込みを済ませる必要があり、この時間に遅れてしまうと翌日の扱いになってしまいます。
みずほ銀行の口座を開設してから融資を受けようとお考えの方は、みずほ銀行の窓口で口座を開設することをおすすめします。
インターネットにて申し込みして口座を開設する方法もありますが、こちらは2~3週間の時間がかかります。

その点、窓口ならば即日口座を開設することができますが、キャッシュカードが手元に届くまでには2~3週間かかってしまいます。
ATMで借り入れするにはこのキャッシュカードが必要です。
カードローンに使用するカードは2種類あり、キャッシュカード兼用型ともいいます。いつものキャッシュカードをカードローンに使えるタイプと、カードローン専用型のものがあります。いずれかのカードが必要となりますが、このカードが手元に届くまでには2~3週間かかってしまうので、口座の開設を行っていない方は、窓口での融資のみの利用となってしまいます。

各種プランによって変わる金利

みずほ銀行カードローンには金利の異なる2つのプランがあります。このプランはお客様が選ぶことはできず、審査の結果により決定します。

プラン名 金利 限度額
エグゼクティブプラン 3.0~7.0% 最大1000万円
コンフォートプラン 3.5~14.0% 最大1000万円

エグゼクティブプランの審査条件は公表されていませんが、40~50代をターゲットとしているものなので、年収400万円以上ではないかとの一節もあります。

おまとめローンの利用について

エグゼクティブプランでおまとめローンを組むとなると、金利の最高部分が他社の半分以下となっています。複数社でローンを組んでいるという方は、みずほ銀行のカードローンにまとめると金利がお得です。
しかし、審査にも条件があります。支払いの延滞履歴がないことや、年収が400万円以上、勤続年数が3年以上などの条件をクリアしておくべきでしょう。

これらのことを踏まえ、みずほ銀行のカードローンは金利が低いことが最大の特徴です。エグゼクティブプランで借り入れができれば、金利が他社と比べて最も低くなるうえ、おまとめローンとして利用すると大変お得になります。おまとめローンをお考えの方や既にみずほ銀行の口座をお持ちの方にはおすすめのカードローンと言えます。

アコムの審査後に増額の審査で通過するポイントとは?

初めて借りる方の限度額はどれくらい?

ほかの消費者金融を利用した経験がなく、初めての契約となる方の限度額は30万円ほどです。
これは、どこの消費者金融でもそう変わらない金額だと思いますが、初めての借り入れで100万円以上は難しいでしょう。
基本的に借り入れ可能な金額は年収の3分の1とされています。アコムの最大限度額は500万円となりますが、年収1,500万円の方でも最初から500万円の借り入れは認められないでしょう。今までに消費者金融の利用実績や返済実績がない方は、借り入れ可能金額が引き下がる傾向にあります。

アコムの限度額はどのように決められている?

限度額イメージ画像

消費者金融には年収の3分の1までしか借りられないという総量規制がありますが、その金額の範囲内ならいくらでも借りられるのかと問われると前述の通りそうではありません。
当然、他社からの借り入れがあるのなら、その額を差し引いた金額が借り入れ可能金額となりますし、そのほかにも審査があります。その際の観点となるのが、過去のキャッシングローンの利用実績です。過去にいくら借りていて、その返済はきちんと行われていたかなどです。返済遅延などのトラブルがあった場合はマイナスとなってしまいます。
一方、過去の借入額や借入期間が長く、きちんと返済できていた方は、返済能力があるとみなされ、より高い限度額が設定される傾向にあります。
そして、もうひとつ審査の対象となるのは収入です。年収や職業、勤続年数、持ち家の有無など、その人の属性が審査対象になります。年収や職業が安定し、勤続年数も長い、そして賃貸よりも持ち家の方は優遇されます。
例えば、今年の年収は1,000万円、去年の年収は0円という方よりも、毎年500万円の一定の年収があるという方の方が評価は高いです。

限度額を上げるには?

利用限度額を引き上げるには審査に通過する必要があります。アコムは、利用者が増額してもしなくても、半年に一度自動的に審査が行われます。この審査に通った利用者には、増額を案内する電話が掛かってきます。もし、借り入れから半年経っても増額の案内が来ていないという方は、返済遅延など、なんらかの原因で審査に落ちているのでしょう。このような方は、自分から増額申請をしても審査に通過するのは厳しいと言えます。

限度額まで借りないことがおすすめ

借り入れしたら、毎月利息とともに返済していかなければなりません。限度額に関わらず、まずは月々の返済ができる範囲内で借りる金額を考えた方が良いでしょう。アコムの最低返済額の計算は借入金額に一定の割合をかけた金額となっています。
その計算式は以下の通りです。

最低返済額=借入金額×一定の割合

利用限度額 1~30万円 ~100万円 ~500万円
最低返済額 借入金額の4.2% 借入金額の3.0% 借入金額の2.0%

計算式にある一定の割合は上記で表しています。
30万円借りたとした場合、最低返済額は毎月12,600円となります。この最低返済額は1,000円未満は切り上げて計算されます。
アコムはどれだけ少ない額を借りたとしても毎月1,000円は返済しなければならないことになります。借入額や利息はもちろん、毎月の最低返済額のことも考慮してから借り入れをしましょう。

楽天銀行スーパーローンで借入し、生活を再建した主婦の体験談

お金の借入をするきっかけ

妊娠したことをきっかけに結婚を決意。20歳で1つ年下の主人と結婚しましたが、もともと美容師のアシスタントとして働き、決して収入も多くない状況で、夜の仕事をしながら美容師免許を取得するためにギリギリの生活をしていました。そのため十分な貯金もない状況での結婚で、それからの生活も一向に改善されず・・・。
結婚してからは、わずかな貯金を切り崩しながら、子育てをしているため、貯金が底を付きるまであっという間でした。

主人は、自営をしており、自由奔放な性格のため、家にお金を入れてくれないこともしばしば。そんな状況での生活は苦しく、働いて生活の足しにしようと考えましたが、保育園の空きがなく諦めるしかありませんでした。
主人が店を持っているため保育園の空きがある地域に引っ越すこともできず、少額のお金を借入してやりくりしながら、少しでも生活の足しになればと思いお金の借入を決意しました。

主婦でも借入できる楽天銀行スーパーローンを利用

生活費イメージ画像

お金の借入について知識の乏しい私ですが、インターネットでの体験談などを見ていると、一時的な借入で生活を立て直したという前向きな経験をしている方もいたので、楽天銀行での借入を決意しました。決意した理由として、主人に内緒で借入できること、ポイントが貯まることの2つです。提出書類は本人確認の書類のみ、入会したら1,000ポイントもらえ、通販のときに使えるなど、うれしいこといっぱいです。
決意したらすぐに、インターネットで借入の申し込みをして、30万円借入することができました。

借入したお金の用途は子どもを託児所へ預けるため

簡単に借入できるとはいえ、30万円を無駄に使うわけにはいきません。生活再建のためにと思うと、真っ先に自分が働くことを考えました。これから借入した30万円の返済も毎月していかなければなりませんし、家にお金を入れてくれるか分からない主人を頼るわけにはいきません。保育園の空きはありませんでしたが、託児所なら子どもを預けることができたるため、その資金に充てました。
幸いなことに、私はすぐに近所の美容室に就職が決まり、アシスタントとして雇ってもらうことができました。給与は決して高くはありませんが、なんとか節約して、生活を回すことができました。今ではスタイリストとして、バリバリ働けるようになっています。あの時に借入したお金は本当にありがたい存在です。

前向きな投資のための借入は検討すべき

お金の借入=借金のイメージは、利息が驚くぐらいついて返済するのに一苦労と、悪いイメージしかありませんでした。
借入したお金をどのように使うかによっても、その先の未来は180度変わってくるのだと、身をもって分かりました。お金を借入すること自体は決して悪いことではありません。お金の使い道と返済の見通しをきちんと考えれば、借入は先の見えない未来を変えるよい手段となるのだと思います。
わが子のため、将来のためなど前向きなお金の借入は検討してみるのもひとつの手と、悩んでいる方に伝えていきたいと思います。

主婦にも役立つキャッシングの基礎知識~カードローンの返済方法~

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは一般的に小口融資のことを指し、キャッシング機能が付帯しているクレジットカードで、ATMやCDからお金の借入をすることを意味します。私たちに馴染みのあるクレジットカードはもともと、旅行などで大金を持ち歩かなくても済むトラベラーズチェックが進化したもので、翌月一括払いが基本ですが、残高スライドリボルビング払いの方法もあります。
一方、カードローンは長期間で借りる大口融資になります。少なくても数十万円、多い方は一千万円といった金額の借入が一般的です。そのため、返済方法はリボルビング払いという分割が一般的となっています。

カードローンイメージ画像

キャッシングとカードローンの違いをみていきましょう。
2つを比べた際に審査が厳しいのはカードローンです。カードローンは基本的に銀行が運営しているものでは金利が低く、貸し倒れリスクが加味されているため、それに該当する人がどうか、返済能力があるのか判断するため審査が厳しくなっています。
一方、金利が高い消費者金融のカードローンは審査が甘い傾向にあります。
また、限度額が高いカードローンほど低金利であり、限度額の低いカードローンは金利が高めに設定されていることも多いです。
高額借入をするのならカードローンを利用することをおすすめします。
違いを表にまとめたので確認してみましょう。

方法 借入額 金利 借入方法 返済方法
カードローン 1万円~数十万円の少額 高い ATM
店頭
インターネット
リボ払い
残高スライド方式
キャッシング 数十万~一千万円 低い ATM
インターネット
一括
リボ払い

※借入額の金額は金融機関によって異なります。
※キャッシングの返済方法は一括が一般的です。

カードローンの一般的な返済方法

カードローンの返済方法は銀行・消費者金融など金融機関によって異なります。基本的には、カードローンの専用口座と普通預金口座が分けられており、毎月普通預金からお金の引き落としがされるという形です。
基本的には定額のリボ払いですが、毎月の返済額が、カードローンの借入残高によってスライドしていく方式もあります。

どの方法であれ、毎月の返済とあわせて繰り上げ返済をしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
余裕があるときになるべく返済を繰り上げておくことも、返済を上手く行うコツです。
こうした繰り上げ返済ができると、残金も減るため金利も少なくなり、返済の負担軽減にも繋がります。

インターネット返済イメージ画像

口座振替以外の方法としてはインターネットやATMで返済ができます。
インターネットの場合は、店舗やATMに足を運ぶことなく、自宅に居ながら返済が行えます。インターネットは専用銀行のみに限らず、インターネットでも可能な銀行も増えたため、大変便利になっています。その方法はインターネットにて各銀行のサイトにアクセスして、返済の手続きをWEB上で行うだけで返済処理ができます。

そのほか、ATMでの返済は、各金融機関やコンビニに設置されているATMにて返済する方法です。
金融機関によっては24時間返済に対応しているところも多いので、大変便利です。また、多くの場合は手数料が105~210円ほどかかってしまいますが、金融会社によっては、手数料なしで返済ができるところもあります。

イメージ画像

返済とあわせて手数料がかからないように、なるべく手数料のかからないATMを選ぶことも大事です。
手数料も積み重なれば大きな負担となりますので、通常の返済や繰り上げ返済をしようとお考えの方は、これらの点も考慮して、各金融機関のカードローンを選びをするところから気をつけると良いでしょう。

無利息サービスを選べる!新生銀行レイクのカードローン利息とは?

新生銀行レイクのカードローンには2種類の無利息サービスがあり、定期的な収入があれば家族に内緒で借入もできるうれしい特徴がいくつかあります。特徴を紹介する前に利息と実質年率についてみていきましょう。
まず利息とは、実際に借りた金額(融資額)に対して一定の金利を掛けて計算する手数料のことをいい、それに対して実質年率は利息や経費、保証会社に支払う保証料や印紙代など、様々な経費を含んだ料金の割合のことを指します。
新生銀行レイクのカードローンの実質年率は4.5~18.0%となっています。

利息画像

このようにカードローンで設定されている利率は4.5~18.0%などと開きがあり、利用限度額が50万円なら18.0%となります。その10倍の500万円が限度額なら4.5%と借入限度額が低いほど金利が高くなる仕組みになっています。これは利息制限法という法律で上限の金利が定められているため、その範囲内で設定されているのです。

新生銀行レイクのカードローンで生活費を借りたい時の条件は?

新生銀行レイク画像

年利率 利用限度額 申込方法 即日融資 収入証明書 返済方法
4.5~18.0% 最高500万円 電話
インターネット(パソコン・スマートフォン)
自動契約機
要*1 インターネット
レイク
銀行
提携コンビニのATM

*1 収入証明書は利用限度額100万円以上の場合に必要となります。

すぐに融資を受けたい場合は平日14時までに申し込みを行い、本人確認書類の確認が完了すれば契約者の口座へ即日振込が可能です。カードは後日郵送となります。

レイクの最大の利点は選べる2つの無利息サービス

新生銀行レイクのカードローンとして大きな特徴は、「借入全額30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」という2つの無利息サービスからどちらか選べるところです。
他社のキャッシングでも無利息期間のあるところはいくつかありますが、レイクの場合はその期間がほかとは異なります。初回のみ5万円まで180日間無利息というサービスは半年間もの間利息がかからず、無利息期間としては最長でとてもお得です。どちらも契約後初回のみのサービスとなるので注意が必要です。

融資額と返済回数によって、2つの無利息サービスのどちらがよりお得なのかをシミュレーションで調べることもできます。
実際に5~30万円の額を借りた場合でシミュレーションしてみましょう。

・5万円を借りた時の利息合計

サービス 返済回数(1回) 返済回数(3回) 返済回数(12回)
全額30日間無利息 0円 731円 3,834円
5万円まで180日間無利息 0円 0円 1,097円

・10万円を借りた時の利息合計

サービス 返済回数(1回) 返済回数(3回) 返済回数(12回)
全額30日間無利息 0円 1,463円 7,779円
5万円まで180日間無利息 739円 986円 4,998円

・30万円を借りた時の利息合計

サービス 返済回数(1回) 返済回数(3回) 返済回数(12回)
全額30日間無利息 0円 4,347円 23,861円
5万円まで180日間無利息 3,698円 6,665円 24,043円

融資額や返済回数によって利息の合計が変わってきます。融資額が高くなると全額30日間無利息がお得ですが、10万円以内の借入で返済期間が長くなる場合は、5万円までの返済を180日間無利息で行うと利息合計を抑えることができてお得だといえます。契約の際には返済のシミュレーションを必ず行い、どちらの無利息サービスがよりお得かを調べた上で借入をするとよいでしょう。

新生銀行レイク 公式サイト

専業主婦にうれしい配偶者貸付のある楽天銀行カードローンについて

総量規制対象外の楽天銀行カードローンで借りるには?

楽天銀行のカードローンは、専業主婦で本人の収入がない場合でも、借入が可能な配偶者貸付があります。消費者のお金の借り過ぎによる自己破産などの防止策として、2010年に貸金業法改正で導入された総量規制はお金の借入に大きく関係しています。この総量規制は、銀行以外の貸金業者のキャッシング全てに年収の3分の1以上の貸付が法律で禁止されましたが、銀行カードローンは銀行法に基づいて融資が行われるので、総量規制の対象外となります。
とはいえ、銀行側にとっても慎重な審査が必要だったり返済が滞ったりするなどのリスクもあるため、専業主婦に対しては上限金額が50万円と低めの設定となっています。それでも、生活費の足しに借りるには十分な額といえるでしょう。

この配偶者貸付は旦那の年収に基づいて貸付されるため、本来であれば収入書が必要ですが、楽天カードではどうなのでしょうか?
楽天銀行で生活費を借りる場合の条件をまとめているので、確認していきましょう。

楽天カードローンで生活費を借りるなら?

年利率 利用限度額 申込方法 審査時間 融資までの時間 特記事項
4.9~14.5% 最高500万円*1 インターネットのみ 最短30分 最短即日~2、3日 収入証明書不要*2

*1 専業主婦は50万円まで借入可能
*2 収入証明書は借入額200万円まで不要

契約者本人の収入がなくても借りることができ、夫の同意書や収入証明書のほか、職場の在籍確認や婚姻関係証明などを提示する必要がなく、借入を夫に知られたくない専業主婦にとっては、本人確認書類だけで申込みできるのは楽天銀行の大きなメリットです。
ほかにもメリットがあるので、あわせてみていきましょう。

うれしい楽天銀行のメリット

配偶者貸付の際に必要な証明書として旦那の同意書がありますが、楽天銀行は不要というメリットがあると上記でお伝えしましたが、ほかにも主婦にとってうれしいメリットがあります。

カードローン楽天銀行画像

・申込み、借入、返済まですべてインターネット上で完結可能

必要書類の提出も専用のアプリから写真を撮って送信できます。審査に合格すれば電話にて連絡があり、審査に通らなければメールで通知が届くというようになっています。

・楽天銀行の口座を開設できれば、24時間年中無休で借入可能

審査に通れば、インターネットか電話にて連絡することで指定口座に振込まれます。24時間借入できるので、昼夜問わず借入できるのは便利です。また、全国コンビニATMでも24時間借入でき、提携コンビニや時間帯によっては手数料が無料です。

・楽天ポイントが貯まる

入会時に1,000ポイント、さらに入会の翌月末までに借入する額に応じたポイントが加算されます。その後も楽天の各サービス100円利用につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円相当で利用することができます。
ただし、すでに楽天銀行スーパーローンに申込まれている場合は例外です。

以上のようなメリットから、窓口に出向くことなくインターネット上で申込みから融資まで済ませたい方、小額の借入でもよい専業主婦の方、返済と同時にポイントを貯めてショッピングの時に活用したい方にはぴったりのキャッシングサービスです。

楽天銀行 公式サイト

女性にうれしいカードローンは?レディースキャッシング”プロミス”

サービスも併用するとお得なプロミスのカードローンとは?

三井住友銀行グループ・プロミスのレディースキャッシングは女性のためのカードローンです。
プロミスのカードローンで生活費の足しとしてキャッシングする場合、収入のある主婦の方なら借入ができます。このレディースキャッシングの資金使途は生活費のみのため、別の使途を考えている方はできません。
キャッシングは初めてなのでちょっと心配、という女性の方でも安心できるよう、専門の女性オペレーターに相談や申し込み受付、契約まで全ての対応をしてもらえるのは、女性にとってうれしいことですね。
また、別途無料会員に登録をすると、ポイントサービスが受けられる特典もついています。

生活費イメージ画像

プロミスで借入を行う場合、キャッシング審査の条件として、年齢が20~69歳で、契約者本人に安定した収入があることが必要なので、共働きやパート収入のある主婦であれば借入が可能ですが、専業主婦の場合は借入ができません。
プロミスのカードローンで生活費を借りる場合の条件等をピックアップしてみましょう。

プロミスのカードローンで借入を行う場合は?

プロミスカードローン画像

年利率 利用限度額 申込方法 即日融資 収入証明書 返済方法
4.5~17.8% 最高500万円 電話
インターネット(パソコン・スマートフォン)
自動契約機
原則不要*1 インターネット
プロミス
銀行
コンビニ各ATM

*1 収入証明書は借入額50万円以上、または他社との利用残高合計が100万円以上の場合に必要です。

すぐに融資を受けたい再は平日午後2時までにWEB契約完了すれば即日振込が可能です。それ以外の時間や土日・祝日でもWEB契約完了後にプロミスATM、三井住友銀行内の契約機でカードを受け取り、その場で借入までできるスピード感が魅力です。

無利息期間やポイントサービスのさまざまなうれしい特典!

無料や無利息、ポイント、限定品という言葉に弱い女性も少なからず存在することかと思います。そういった方に特におすすめのプロミスのレディースキャッシングのサービスについてご紹介します。

・無利息期間

プロミスインターネット会員サービスとして、会員登録をすることで貯まったポイントの分を無利息期間として利用することができます。例えば250ポイント貯まると7日間の適用期間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間を無利息で借入できるサービスです。ポイントを上手に活用することでお得に借入できるので少額で借入したいかたは特に注目すべきサービスでしょう。次にそのポイントについてご紹介します。

・ポイント

会員サービスのひとつのサービスです。
事前にインターネットでカード番号・暗証番号、もしくはWeb-IDとパスワードでログインし、ポイント申し込みをする必要があります。この申し込みをすることで100ポイント獲得でき、毎月初回ログインで10ポイント獲得できるなど、いろいろな内容においてポイントを獲得できます。
先述したように獲得したポイントを無利息期間として利用できるだけではなく、三井住友銀行の本店や支店、そのほか店舗外に設置されているATMにて手数料が無料となります。その際には40ポイントが必要で、申込日から翌月末までが手数料無料となっています。

このようにプロミスのレディースキャッシングは、消費者金融という名前で少し懸念してしまう方もいる金融機関ですが、女性の対応やさまざまな特典が受けられるなど、女性にとってうれしいサービスもあるので安心利用できることでしょう。

プロミス 公式サイト

主婦でも借入できる銀行のひとつ!三菱東京UFJ銀行カードローンとは?

三菱東京UFJ銀行の銀行カードローン「バンクイック」をする前に

生活費を借りる場合の条件イメージ画像

生活費の足しに、主婦でもキャッシング可能な三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を利用する場合、総量規制の対象外となるので共働きやパート収入のある主婦の方、収入のない専業主婦の方もお金を借入することができます。
主婦でも借入できるのは、家計がピンチの時には特に心強い味方ですね。専業主婦の方が利用する際は本人確認の免許証や保険証のみ必要となり、夫の承諾書や収入証明などの提示は必要ありません。本人の勤務先や夫の職場にも在籍確認の必要がないので家族に知られることなく、安心してキャッシングができるのが魅力です。
三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」で生活費を借りる場合の条件をピックアップしてみました。

三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」で生活費を借りるには?

三菱東京UFJ銀行画像

年利率 利用限度額 申込方法 審査時間 融資までの時間
4.6~14.6% 最高500万円*1 テレビ窓口
パソコン・スマートフォン
電話
最短30分 最短即日~2、3日

*1※専業主婦は30万円まで

審査の際は身分を証明する免許証や保険証を提示する必要があります。共働きやパートで収入のある主婦の方なら収入証明が必要です。審査後、結果が出るまでの時間や借入までにかかる時間が圧倒的に早いのがテレビ窓口での申込みです。最寄りにテレビ窓口のある地域であれば審査後、その場でカードを受け取り、最短40分で借入できるのでおすすめです。この場合、現在の住所が記載された免許証が必須となるのでご注意ください。
テレビ窓口がない地域ではインターネットや電話での申し込み後、登録したメールや電話で審査結果を受け取り、郵送でのカード受け取り後、コンビニATMなどでの融資となります。インターネットでの審査が電話申込みよりも最短30分と、審査結果が出るのが早くなります。審査はできるだけ営業時間の早いうち、午前中のうちに申込むことが時短につながるコツと言えます。
カードは簡易書留にて本人宛で郵送となるので、家族に知られたくない場合、配達の時間を指定するなど注意しましょう。

主婦にとってうれしいメリット

月々の返済金額は最低2,000円と低価格に設定することができ、借入金額が1,000円単位と細かいやり取りが可能なのも主婦にとってはうしいものです。
また、ATMで融資の受け取りや指定口座への振込み、返済の時も基本的に手数料は無料なので、こまめに入出金しても苦にならないのも大きなメリットです。月々2,000円から返済できるのに、手数料がかかってしまっては度重なる手数料の負担が大きくなってしまいます。
生活費の足しにキャッシングするからこそ、月々の返済の価格や手数料無料なのはとても有利だと言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行 公式サイト