主婦でもお金の借入OK!専業主婦向けキャッシング・カードローン情報


メインビジュアル

メインビジュアル

キャッシングお役立ちコンテンツ

主婦がキャッシングの利用できるサービスとは?

主婦であれば冠婚葬祭など、予想外の出費で家計がピンチに陥いることや、少し足りない分を何とかしたいという時もあります。 そのような場合に旦那と相談して上手く解決できればよいですが、必死に働いているのに言えない、家にお金を入れてくれない、話し合って解決できるような状態ではない、などさまざまな事情で悩んでいる人もいるでしょう。

そのようなピンチを救うのが主婦も利用可能なキャッシングです! 主婦のキャッシングは難しいと思っている人もいるかもしれませんが、条件次第で金融機関によって専業主婦やパート・アルバイトをしている主婦でも利用できるサービスがあります。

~主婦が利用可能な主な金融機関~

タイプ 業者 金利 限度額 融資まで 必要書類
収入のある主婦向け アコム 4.7~18.0% 1~500万円 最短1時間 本人確認書類
モビット 3.0~18.0% 1~800万円 最短即日 本人確認書類
アイフル 4.5~18.0% 500万円 最短即日 本人確認書類
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円 最短1時間 本人確認書類
専業主婦向け*1 三菱東京UFJ銀行 4.6~14.6% 10~500万円 (専業主婦30万円) 最短即日 本人確認書類
みずほ銀行 3.5~14.0% 10~1,000万円 (専業主婦30万円) 最短即日 本人確認書類
りそな銀行 12% 30~100万円 最短即日 本人確認書類
ジャパンネット銀行 2.5~18.0% 10~1,000万円 最短即日 本人確認書類
じぶん銀行 3.9~17.5% 10~500万円 最短即日 本人確認書類
新生銀行 4.5~18.0% 1~500万円 最短即日 本人確認書類
楽天銀行 4.9~14.5% 10~500万円 (専業主婦50万円) 最短即日 本人確認書類
イオン銀行 3.8~13.8% 30~800万円 (専業主婦10万~30万円) 最短即日 本人確認書類

*1 夫の安定した収入が必要です。

毎月安定した収入のある主婦であれば、アルバイトやパートでも借入は可能です。 銀行や消費者金融どこでもキャッシングができます。 しかし、審査条件は各金融機関で異なり、雇用形態や年収を設定しているところもありますので、場合によっては借入できないこともあります。 事前に各社ホームページにある簡易審査(本審査ではない)でキャッシング可能かどうかチェックすることをおすすめします。

一方、専業主婦の場合は、旦那に十分な収入があれば総量規制の対象*2外である銀行カードローンがおすすめです。銀行のカードローンはほかの金融機関に比べ金利が低いというメリットがあります。 専業主婦の利用限度額は、収入のある人に比べると少額で、だいたい30~50万円のところが多いので、大口の借入はできません。 ※2 総量規制とは個人に年収の3分の1以上の金額を貸してはいけない、という賃金業者に適応される法律のこと。銀行は銀行法に基づき経営しているためこれにあてはまらない。

キャッシングを検討している主婦の方は、各金融機関で申込方法や、審査の基準、貸出までの時間が異なりますので利用前には注意が必要です。 後続で各金融機関の詳しい特徴について紹介しますので、自分のケースにあった金融機関を見つけて、サービス内容をよく理解してから利用することをおすすめします。

種類・特徴でキャッシングカードローンを探す

キャッシング・カードローン一覧

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行イメージ画像
年利率 4.6~14.6%
利用限度額 最高500万円*1
申込方法 テレビ窓口
パソコン・スマートフォン
電話
審査時間 最短30分

*バンクイックで生活費を借りる場合
*1 専業主婦は50万円まで借入可能
*2 収入証明書は借入額200万円まで不要

楽天銀行

楽天銀行イメージ画像
年利率 4.9~14.5%
利用限度額 最高500万円*1
申込方法 インターネットのみ
審査時間 最短30分

*1 専業主婦は50万円まで借入可能
*2 収入証明書は借入額200万円まで不要

新生銀行レイク

新生銀行イメージ画像
年利率 4.5~18.0%
利用限度額 最高500万円
申込方法 電話
インターネット(パソコン・スマートフォン)
自動契約機
即日融資

*1 収入証明書は利用限度額100万円以上の場合に必要となります。

プロミス

プロミスイメージ画像
年利率 4.5~17.8%
利用限度額 最高500万円
申込方法 電話
インターネット(パソコン・スマートフォン)
自動契約機
即日融資

*1 収入証明書は借入額50万円以上、または他社との利用残高合計が100万円以上の場合に必要です。

キャッシング新着コンテンツ